メール 要請 Newsletter

DewertCare® Connectバスベースの制御システム

インテリジェントな周辺機器の接続と検出
プラグ&プレイ機能により、メーカーは患者用および看護ベッドの利便性を最大限に実現できます。Dewert MCL V制御装置を搭載したDewertCare® Connect(DCC)バスベースの制御システムは、バス通信に基づいており、周辺機器の接続を自動的に検出します。この直接通信のおかげで、バスベースの制御システムは、プッシュボタン式ハンドセット、センサー、バッテリおよびその他の構成要素を確実に検出します。事前にプログラミングする必要がないDewertCare® Connectシステムは、従来のシステムに比べて、設置時間と費用が少なくかかります。また、ハンドセットを物理的に変更することなく、ソフトウェアを使用して様々な機能にボタンを割り当てることができるため、バスベースの制御システムを使用して、ハードウェアを変更することなく、プッシュボタン式ハンドセットおよびすべての制御装置を調節することができます。


利点:

  • 複雑な用途の製品を簡単に実装
  • ベッドの設計、システムの構成、カスタマイズを柔軟に行えます
  • 必要に応じて簡単に改良および変更できます
  • ソフトウェアによる構成要素の調整 - 迅速かつ簡単であり、費用効率が高いです
  • ドライブおよび機能を複数段階でロックまたは有効にすることができます
  • システムと患者に関する継続的な状態およびサービス情報
  • サービスプロバイダーと看護スタッフの安全性と信頼性を保証


迅速な企画過程を実現するソフトウェア・ソリューション
個別の製品を迅速かつ簡単に設計することができ、DewertCare® Connectを使用していつでも最適化することができます。これは、MCL V制御システム専用のDewertソフトウェアによって可能になります。MCL Vソフトウェアを使用して、動作プロファイルを設定するだけでなく、それぞれの位置と対応する製品との衝突点を正確に定義してテストすることができます。DewertCare® Connect制御システムを使用すると、プロジェクト企画にかかる時間とコストを最適化することができ、設計、リリース、試運転の過程を合理化するのに非常に役立ちます。


バスベースの制御システムと患者を同時に監視できます
DewertCare® Connectシステムの心臓部であるDewert MCL Vは、重要な患者データをリアルタイムでエクスポートします。ペアになったセンサーのおかげで、制御システムは、アウトオブベッド警報を記録します。患者の状態は直ちに診療所の看護室に送ることができます。制御システムのおかげで、看護スタッフは、中央でいくつかのベッドの状態を入手することができ、状態の変化や予断を許さない病状に迅速に対応することができます。したがって、患者はより安全で患者のニーズに合った総合的なケアを受けることができます。
また、Dewert MCL V制御システムにより、ドライブおよび制御技術からすべてのシステム関連データをエクスポートすることができます。接続されたドライブの動作サイクル数、移動方向、過負荷が発生できる位置を常に明白に知ることができます。


多くの用途に使用可能
DewertCare® Connectは、全く異なる種類の用途に使用できます。例えば、調節機能を備えた寝心地の良いベッドを作ることができます。または、制御システムにより、持ち上げ機能または足部拡張を容易に実装できます。最大6つのDewertドライブを取り付けることができるDewertCare® Connectバスベースの制御システムは、それぞれのベッドの動作プロファイルが異なる二人用ベッドのように重い負荷がかけられるベッドに理想的なソリューションです。また、インテリジェント通信とステータスと、状態およびエラー監視機能に特別に重点を置く高性能のベッドも実装できます。


一目で分かる最も重要な機能と利点

  • すべての周辺機器を自動検出
  • 複雑な用途の製品を迅速かつ簡単に実装
  • 開発段階において最適化とカスタマイズを迅速に行えます
  • 制御システムと制御要素をソフトウェアを使用して効率的に構成可能
  • システムと患者に関する状態およびサービス情報
  • 安全で患者のニーズに合った患者ケア

Produktinformationsanfrage JP

他にご質問はありますか?
captcha