メール 要請

訪問者の注目を集めたスマートホーム・ソリューションを開発したDewertOkinは、Interzumに参加して成果を収めました。

  • OKIN Commander音声制御装置に対する高い需要
  • 強くなっている人間工学の傾向は、相変わらず事務備品分野の主題です。
  • 新しいドライブ・システムに対する訪問者の肯定的な反応


キルヒレンゲルン/ケルン、2019年5月31日:多い訪問者数、プロジェクトに関する多数の問い合わせ、新製品に対する肯定的な反応:DewertOkin GmbHは、今年のInterzumに参加して成果を収めたことをうれしく思います。展示会の4日間、ベッドや座席家具を音声コマンドで制御できるようにする新しいOKIN Commanderスマートホーム・ソリューションは特別な注目を集めました。大きな反響を呼んだこの製品を通じて快適な家具を実現するネットワーキング・ソリューションに対する関心が高まっていることを知ることができます。人間工学的作業環境に対する高まる需要は、OKIN DD11SおよびDD21Sリフティング支柱への強い関心にも反映されています。

「デジタル化は現在、スマート製品の形で人々の生活で実現されています。OKIN Commanderを使用すると、デジタル化をより高い水準で実現し、調節可能な電動式家具を音声で制御することができるため、快適性が大幅に向上します。」と座席、寝具、医療部門のグローバル製品管理部部長であるMartin Vossは説明します。OKIN Commanderは、人気を集めているAmazonのEchoやEcho Dotの音声制御機能を使用してベッドや座席家具を調整できるようにします。これは、AlexaとOKIN製品間のシームレスな接続によって実現されます。アプリを利用して直感的に設定したシステムは、パーソナライズされた音声コマンドに応答するので、利用者に優れた快適さを提供します。上位互換性のあるOKIN Commanderのアーキテクチャのおかげで、既存のシステムだけでなく将来のシステムも接続することができます。



高さ調節可能な机の人気が高まり続けています
OKINの事務備品部門では、高さ調節可能な事務机に使用できる実証済みの新世代リフティング支柱であるDD11SとDD21Sを紹介しました。「人間工学的事務作業環境を望む傾向は弱まることなく続いています。職場で高さ調節可能な机のような健康を意識した備品を使用している雇用主が増えています。ドライブ技術は重要な役割を果たしています。」とヨーロッパ地域担当販売部長であるPatrik Nilssonは強調します。したがって、こうした机に使用できる高性能コンポーネントに対する需要は非常に高いです。

DD11SシステムとDD21Sシステムには、特許を取得したOKINスライディング・システムを使用する、高性能ID21リフティング支柱で使用された実証済みの技術が使用されています。プロファイルの強度が向上したDD11SとDD21Sは、負荷容量が高く、ドライブ操作の雑音が事実上ないため、高性能卓上システム理想的に適しています。OKINリフティング支柱は、クロスビームなしで要求の厳しい事務備品にシームレスに統合することができます。OKINリフティング支柱は、BIFMA、DIN EN 527、DIN FBなど、すべての国際基準に準拠して最適化されています。

新しいドライブは訪問者から肯定的な反応を受けました

寝具分野で活用できる革新として、押す力の強いOKIMAT 4 IPSダブル・ドライブと、OKIMAT 4に基づいた統合システム・ソリューションが紹介されました。これは、家具メーカーが追加の制御装置なしで製品を設計できるようにします。また、多機能ポート、Bluetooth接続機能、メモリ機能を備えています。

座席分野の訪問者は、新しいMicrodrive 3シングル・ドライブに感銘を受けました。このシングル・ドライブは、全金属の筺体になっているため、快適性を高めます。非常にコンパクトなデザインになっており、設置寸法が小さいため、メーカーに最高のデザイン自由度を提供します。回転可能なギアU字形金具により、多様な設置が可能になります。

詳細情報:www.dewertokin.com