メール 要請 Newsletter

DewertOkinは、Workspace Expoで事務備品用の新しいリフティング支柱を紹介します

 

  • 展示会で主に事務備品用製品を紹介します
  • 事務室での日常生活を快適にするための頑丈なテーブル・システムとモニター用リフト
  • DD11SおよびDD21Sリフティング支柱の特徴は安定性が向上したことです


キルヒレンゲルン/パリ、5。2019年3月4月16日から18日までパリで開催される今年のWorkspace Expoで、DewertOkin GmbHは主に人間工学に基づいた事務備品用製品を紹介します。同社は、事務備品部門で開発したDD11SおよびDD21Sリフティング支柱システムとさまざまな応用例を紹介する予定です。これらのシステムは、特許を取得したOKINスライディング・システムを備えた、よく知られているID21高性能リフティング支柱で使用された技術を使用します。プロファイルが最適化されたDD11SとDD21Sは、安定性が改善されたため、FB147振り子式衝撃試験の要件を満たします。DewertOkinはWorkspace Expo 2019でA36スタンドに製品を展示します。

「ますます多くの雇用主が、会社で健康を意識した事務用備品と家具を使用しています。」と、OKIN Officeの営業部長であるAndreas Cebulskyは述べます。DewertOkinは、DD11SとDD21Sリフティング支柱を使用して、顧客のニーズと要望に合わせてカスタマイズされたソリューションを提供しています。強力で人間工学的なこれらのシステムは、事務備品の用途を広げます。リフティング支柱は、フットウェルにクロスビームが必要ない安定したテーブル・システムを設置するのに理想的です。またコンピュータ・スクリーンを上げ下げするためのモニター用リフトとして使用するのにもよく適しています。 DewertOkinは展示会のスタンドでさまざまな応用例を紹介する予定です。

現代的なデザインと実証済みの技術

DD11SおよびDD21Sリフティング支柱システムの特徴は、高性能ID21リフティング支柱の優雅な外観が、目に見える機能開口部がない現代的なデザインになっていることです。個々の外観の差異が最小限に抑えられています。OKINはリフティング支柱には洗練された技術を利用されています。DD11SとDD21Sは、高さを快適に調整できるようにする、特許を取得したOKINスライディング・システムを備えています。2つのホール・センサーを備えた、強力でメンテナンス不要の24ボルトDCモーターが使用されています。これらのモーターは最大700ニュートンの圧縮力を発生させます。特殊な内歯車は、無騒音の動作を可能にします。DD11SとDD21Sは、設置面積が非常に小さいです(それぞれ645mm、565mm)。ストローク長さが長いので(DD11Sは500mm、DD21Sは650mm)、事務備品用製品を調整してさまざまな用途に利用できます。

さまざまなテーブル脚、フレーム、ハンドセットなどのオプションの付属品も利用できます。Okinの新しいリフティング支柱は、定評のあるSmartEco、COMPACTeco(+)、そして新しいSMARTneo制御装置と互換性があります。すべての制御装置は、カスタマイズされた要件に従ってプログラミングすることができ、インテリジェントなISPシステム保護機能を備えています。

詳細情報: www.dewertokin.com