メール 要請

医療分野でのデジタル化とネットワーク化にもっと集中しているDewert

  • 純粋なドライブ技術だけでなく、付加価値も提供するシステム・ソリューション
  • ベッドと治療椅子用の新しいリフティング支柱
  • デジタル・システムDewert Care® Connectのさらなる開発


キルヒレンゲルン/デュッセルドルフ、17。2019年9月:医療部門の製品範囲の拡大とデジタル化の進展:Dewertは、MEDICA 2019で医療用途向けに新しく開発された製品ポートフォリオを紹介します. Dewertは、患者を監視し、正確なサービス・データをエクスポートし、看護ベッドを集中管理することができる高度なDewert Care® Connectシステムを紹介する予定です。また、Dewertが部品メーカーから広範なシステムを提供するソリューション・プロバイダーにどのように進化しているかを明確に示すために、展示物を再配置する予定です。

「弊社の製品ポートフォリオは、Dewertが純粋に機械的調整を行う以上の機能を備えているインテリジェントなソリューションを既に提供していることを示しています。病院と医療分野だけに適している製品ではありません。」とDewertの医療用品担当部長であるNikolaus Netzelは言います。新しいDC20およびDC21リフティング支柱(DCはDewert Columnの略)は、これらの製品の多用途性を実証しています。新しいリフティング支柱は、歯科、透析、美顔術で使用されるあらゆる種類の治療用椅子に適しています。頑丈なリフティング支柱は、非常にスムーズに作動し、重い荷重が中心から外れて掛けられる用途向けに設計されています。従って、不均衡が大きな場合でも(手術台など)、最高の安定性を提供します。

DewertのCare® Connect(DCC)システムにより、Dewertは養護/介護施設のネットワーク化をさらに推進することができます。バスベースのシステムを使用すると、ドライブ、制御装置、制御キーパッド、センサーなどのコンポーネントを簡単に統合して、病棟の看護室などから集中管理できます。新しいDCC-Evolutionには、患者を監視するためのより幅広いセンサーが搭載されており、サービスに必要なより正確なデータをエクスポートできます。

利用者に排他的かつ実質的な付加価値を提供するデジタル化
「デジタル化は、多くの業界にとってまだ将来の夢であることが多いですが、弊社はDewert Care® Connectを利用して、実際に十分に試行されたシステムを既に設置しました。デジタル化それ自体が目的でありませんが、デジタル化は実質的な付加価値を生み出します。」とNetzelは説明します。サービス・データのエクスポートは、このような付加価値の一例です。このシステムは、純粋に数値の生データを記録するのではなく、電気機械の明確な状態分析結果を提供し、取るべき措置を推奨します。これは、予知メンテナンスを行ったり、保証する製品の潜在的な誤用を追跡したりするのに役立ちます。

デジタル・データのおかげで、潜在的なドライブ故障を早期に予測して防止できるため、ベッド・メーカーは高可用性の恩恵を受けることができます。計画機能の改善、サービス時間の短縮、サプライチェーンの大幅な合理化は、他の主要な利点です。これにより、交換する必要があるコンポーネントを事前に製造できるようになるため、コンポーネントをより迅速に準備して納品できます。

DewertOkinは、MEDICA 2019でD38スタンドの14ホールに製品を展示します。


詳細情報
www.dewertokin.com