メール 要請

データ保護

1. 責任当事者(「管理者」)の名称と住所

(法的意味における)責任当事者:

DewertOkin GmbH
Weststr. 1
32278 Kirchlengern, Germany
Tel.: +49 5223-979-0
E-mail: info@dewertokin.de 

1.1 データ保護責任者の連絡先

責任当事者のデータ保護責任者の連絡先:

E-mail: datenschutz@dewertokin.de

2. データ処理に関する一般情報

本ウェブページは、被影響者(GDPRでは「データ主体」と言及されている)または自動化システムからアクセスされる度に、様々な種類の一般的データと情報を収集します。この一般データと情報は、ウェブサーバーのログファイルに保存されます。記録される情報には次のようなものがあります:使用されたブラウザの種類とバージョン、アクセス側システムが使用したオペレーティングシステム、アクセス側システムが弊社ウェブサイトに遷移する直前にいたウェブサイト(「リンク元」)、アクセス側システムによってアクセスされた弊社ウェブサイトのサブウェブページ、ウェブサイトへのアクセス日時、IPアドレス、アクセス側システムのインターネットサービスプロバイダー、および弊社のITシステムが攻撃を受けた際に使用された他の類似するデータと情報。

この一般データと情報を使用する際に、アクセスしている人に関する推断は行われません。むしろこれらは、弊社ウェブサイトのコンテンツを適切に配信し、ウェブサイトのコンテンツを最適化し、広告し、ウェブサイトのITシステムとテクノロジーの継続的機能を確保するため、およびサイバー攻撃を受けた場合に法執行機関による起訴を支援するために必要な情報です。こうした匿名で収集されるデータと情報は、最終的には処理されている個人データの最適な保護を確保するために、社内でのデータ保護とデータセキュリティを向上させる目的で、統計的に評価されます。サーバーのログファイルにある匿名データは、被影響者によって提供されたすべての個人情報から分離して保存されています。

2.1 個人データの処理範囲

弊社は、機能的なウェブサイト、コンテンツ、サービスを提供するために必要な範囲においてのみ、ご利用者から個人データを収集し、使用します。個人データの収集と使用は、ご利用者の同意がある場合にのみ行われます。事実の理由から事前に同意を得られず、且つ、法律によりデータ処理が認められている場合には、例外が適用されます。

2.2 個人データ処理の法的根拠

個人データ処理により影響を受ける個人の同意を得る限りにおいて、EU一般データ保護規則(GDPR)第6条1項がかかる個人データ処理の法的根拠となります。

被影響者が当事者となっている契約を実行するために個人データの処理が必要な場合、GDPR第6条1項が法的根拠となります。これは契約の事前活動の履行に必要な処理作業にも当てはまります。

弊社の法的義務を果たすために個人データの処理が必要な限りにおいて、GDPR第6条1項が法的根拠となります。

弊社または第三者の正当な利益を守るために処理が必要な場合、且つ、被影響者の利益、基本的権利、自由が前者の利益が前者の利益に優先しない場合には、GDPR第6条1項が処理の法的根拠となります。

2.3 データの削除と保存期間

被影響者の個人データは、それを保存する目的が無効となり次第、削除またブロックされます。こうした保存は、責任当事者を対象とするEUや国の法律がEU規制、法律、その他の規制によって定めている場合にも、発生する可能性があります。こうしたデータも、契約の締結や履行のために保存期間を延ばす必要がない限り、これらの基準により規定された保存期間を過ぎた時点で、遮断または削除される可能性があります。

3. ウェブサイトの提供とログファイルの作成

3.1 データ処理の説明と範囲

弊社ウェブサイトはアクセスされる度に、読み出し側コンピューター(クライアント)のコンピューターシステムから自動的にデータと情報を収集します。

収集されるデータは以下のとおりです。

  • お使いのブラウザの種類とバージョンに関する情報
  • オペレーティングシステム
  • インターネットサービスプロバイダー
  • IPアドレス
  • アクセスの日時
  • 弊社ウェブサイトへの遷移元ウェブサイト
  • 弊社ウェブサイトからの遷移先ウェブサイト

ログファイルには、IPアドレスやユーザーへの割り当て可能なその他のデータが含まれています。例えば、ご利用者が弊社ウェブサイトにアクセスする直前にいたウェブサイトへのリンク、または乗り換え先のウェブサイトへのリンクに個人データが含まれる場合が、これに該当する可能性があります。

このデータも弊社のシステムのログファイルに保存されます。このデータがご利用者の他の個人データと共に保存されることはありません。]

3.2 データ処理の法的根拠

データとログファイルの一時保存の法的根拠は、GDPR第6条1項にあります。

3.3 データ処理の目的

弊社のシステムは、お使いのコンピューターにウェブサイトを送るために、一時的にIPアドレスを保存する必要があります。このためセッション中は、ご利用者のIPアドレスを保持する必要があります。

ログファイルはこの情報を保存するために使用されます。こうすることで、ウェブサイトの機能が確保されます。さらに、このデータはウェブサイトを最適化し、弊社のITシステムのセキュリティを確保するためにも使用されます。この状況下で、マーケティングの目的のデータ評価が発生することはありません。

これらの目的では、これは、GDPR第6条1項に従って、データ処理における弊社の正当な利益に相当します。]

3.4 保存期間

データは、収集目的に不要となり次第、削除されます。ウェブサイト用にデータを収集する場合、データはそのセッションが完了した時点で削除されます。

データをログファイルに保存する場合、データは7日以内に削除されます。これらの期限を超えて保存される可能性があります。その場合、ご利用者のIPアドレスは削除またはリンク解除され、呼び出し側クライアントに割り当てられなくなります。]

3.5 抗議と削除の可能性

ウェブサイト提供のためのデータの収集、およびログインファイルのデータの保存は、ウェブサイトの運営に不可欠です。そのため、ご利用者の意向による抗議と削除は受け付けられません。

4. Cookieの使用

これらのウェブページではCookieを使用しています。Cookieは、ウェブブラウザを介してコンピューターに保存されるテキストファイルです。

多くのウェブサイトとサーバーはCookieを使用しています。多くのCookieにはCookieID というものが含まれています。CookieIDはCookieの一意の識別子です。ひとつの文字列で構成され、それを通じて、Cookieが保存された特定のウェブブラウザにウェブページとサーバーを割り当てることができます。これにより、閲覧済みのウェブページとサーバーは、その個人のブラウザと、他のCookieを含む他のウェブブラウザとを区別することができます。そのウェブブラウザは、一意のCookieIDによって認識され、特定されます。

Cookieの使用により、当ウェブサイトのご利用者にユーザーフレンドリーなサービスを提供することが可能になります。これはCookieを設定しなければ不可能なことです。

Cookieを使用することで、弊社ウェブサイトの情報とオファーを各ご利用者に合わせて最適化することができます。すでに述べた通り、Cookieはウェブサイトの利用者を認識可能にするものです。こうした認識を行う目的は、利用者の方々にとってより使いやすいウェブサイトにすることにあります。例えば、Cookieを使用するウェブページでは利用者が訪問する度に認証情報を再入力する必要がありませんが、これは、ウェブページとユーザーのコンピューターに保存されているCookieによって可能になっています。別の例としては、ネットショップの買い物かごに使われているCookieがあります。ネットショップはCookieを使用して、顧客が仮想ショッピングカートに入れた商品を記憶します。

被影響者は、ウェブブラウザの設定によって、いつでもウェブサイトによるCookieの使用を防ぐことができます。これにより、Cookieの使用を恒久的に防ぐことができます。さらに、すでにセットされたCookieもいつでもウェブブラウザで、または他のソフトウェアプログラムを使って削除することができます。これはすべての一般的なウェブブラウザで可能です。被影響者がウェブブラウザでCookieの使用を無効にすると、弊社ウェブサイトのすべての機能をフルに使用できなくなる可能性があります。

4.1 データ処理の説明と範囲

弊社のウェブサイトはCookieを使用しています。Cookieとは、ご利用者のコンピューターのウェブブラウザに保存されるテキストファイルです。ウェブサイトを訪問すると、ユーザーのコンピューターにCookieが保存される可能性があります。Cookieには固有の文字列が含まれており、これによってウェブサイトを再度開いた際にブラウザを一意識別できるようになります。

弊社はウェブサイトをよりユーザーフレンドリーにするためにクッキーを使用しています。弊社ウェブサイトには、ご利用者がページを移動した後でも、呼び出し側ブラウザの識別を必要とする要素があります。

Cookieには次のデータが保存され送信されます。

  • 言語設定
  • ショッピングカート内の商品
  • ログイン情報]

さらに弊社ウェブサイトでは、ご利用者の閲覧行動を分析可能にするCookieを使用しています。

そのため、以下のデータが送信される可能性があります。

  • 指定された検索用語
  • ページビュー頻度
  • ウェブサイト機能の使用

この方法で収集されたご利用者のデータは匿名化されます。よって、このデータを呼び出し側ユーザーに割り当てることはできません。このデータがご利用者の他の個人データと一緒に保存されることはありません。]

弊社ウェブサイトにアクセスすると、分析目的のCookieの使用を知らせ、このプライバシーポリシーを参照する情報バナーが表示されます。また、Cookieの保存を防ぐブラウザの設定方法も通知されます。

4.2 データ処理の法的根拠

Cookieを使って個人データを処理する法的根拠は、GDPR第6条1項にあります。

4.3 データ処理の目的

これらのCookieを使用するのは、ご利用者にとって使いやすいウェブサイトを提供する上で、技術的に欠かせないからです。弊社ウェブサイトの機能には、Cookieを使用しなければ提供できないものがあります。こうした機能では、新しいページを読み込んだ後でも、ブラウザを認識する必要があります。

以下のアプリケーションにはCookieが必要です。

  • ショッピングカート
  • 言語設定の構成
  • キーワードの記憶

これらの不可欠なCookieによって収集されたご利用者データは、ユーザープロファイルの作成には使用されません。

分析Cookieはウェブサイトとコンテンツの品質向上のために使用されます。弊社は常に提供する内容を最適化するため、分析Cookieを使って、ウェブサイトがどのように利用されているかを把握しています。

これは、GDPR第6条1項に記述されている、個人データ処理の正当な利益に相当します。

4.4 保存期間、抗議、削除のオプション

Cookieはユーザーのコンピューターに格納され、そこから弊社に送信されます。そのため、Cookie使用の完全なコントロール権はご利用者側にあります。ご利用者は、ウェブブラウザの設定を変えることで、Cookieの送信を無効化または制限することができます。以前に保存されたCookieも適宜、削除することができます。これを自動的に行うこともできます。弊社のウェブサイトに対してCookieを無効化すると、すべてのウェブサイト機能をフルに利用できなくなる可能性があります。

5. ニュースレター

5.1 データ処理の説明と範囲

ニュースレターは、弊社ウェブサイトにて購読を登録されたご利用者に送信されます。

無料ニュースレターの購読は、弊社ウェブサイトからお手続き可能です。ご利用者がニュースレターの受信を登録すると、入力ページのデータが弊社に送信されます。

登録には、最低限ご利用者のメールアドレスを入力する必要がありますが、パーソナライズ用に以下の個人情報が提供される場合があります。

  • 敬称

次のデータも登録中に収集されます。

  • クライアント(影響者ユーザーの)コンピューターのIPアドレス
  • 登録日時

ご利用者のデータを処理するため、ご登録手続き中にご利用者の同意を取得し、本プライバシーポリシーを参照します。

ニュースレター送信用のデータ処理に関連して、データが第三者に開示されることはありません。データはニュースレターの送信のみに使用されます。

5.2 データ処理の法的根拠

ニュースレターは、弊社ウェブサイトにて購読を登録されたご利用者に送信されます。

ご利用者がニュースレターを登録した後にデータを処理する法的な根拠は、GDPR第6条1項に従って、ご利用者の同意にあります。

5.3 データ処理の目的

ニュースレターの配信は、ご利用者のメールアドレスが保存されていてこそ可能になります。

登録手続きで、他の個人データを収集するのは、使用されているサービスやメールアドレスの誤用を防ぐためです。

5.4 保存期間

データは、収集目的に不要となり次第、削除されます。よって、ご利用者のメールアドレスは、ニュースレター購読が有効となっている限り保存されます。

登録手続き中に収集される他の個人データは、通常7日後に削除されます。

5.5 抗議と削除の可能性

ご利用者はニュースレターの購読をいつでも終了することができます。各ニュースレターには、購読終了用のリンクがあります。

これによって、登録手続き中に収集された個人データの保存への同意を取り消すこともできます。

6. お問い合わせフォームとメールアドレス

6.1 データ処理の説明と範囲

弊社ウェブサイトにはお問い合わせフォームがあり、ご利用者はこれを使って弊社とオンラインで連絡を取ることができます。ご利用者がこの手段を利用する場合、入力フィールドに入力されたデータは弊社に送信され、保存されます。これらのデータには以下が含まれます。

  • メールアドレス
  • 電話番号
  • お問い合わせの問題/理由

お問い合わせメッセージの送信時には、以下のデータも保存されます。

  • IPアドレス
  • 登録日時

送信プロセスのデータ処理に際し、ご利用者の同意を得、本プライバシーステートメントを参照します。

お問い合わせは、メールアドレスからでも行うことができます。電子メールを送信すると、ご利用者の個人データが保存されます。

この状況でデータが第三者に渡されることはありません。データは、お問い合わせに関連するやりとりのためだけに使用されます。

6.2 データ処理の法的根拠

データを処理する法的な根拠は、GDPR第6条1項に従って、ご利用者の同意にあります。

電子メールを送信する過程で送られたデータを処理する法的な根拠は、GDPR第6条1項に従って、ご利用者の同意にあります。電子メールの問い合わせが契約締結を目的とする場合、処理の追加的法的根拠はGDPR第6条1項にあります。

6.3 データ処理の目的

入力フォームの個人データは、弊社が連絡を取るためにのみに使用します。電子メールによるお問い合わせの場合、これには要求されているデータ処理の正当な利益が含まれます。

さらに、お問い合わせフォームの誤用を防ぎ、弊社ITシステムのセキュリティを確保するために、送信プロセス中に追加の個人データが処理されます。

6.4 保存期間

データは、収集目的に不要となり次第、削除されます。お問い合わせフォームの入力フィールド、および電子メールで送信されたお問い合わせから得た個人データは、ご利用者との各やり取りが終了した時点で削除されます。やりとりは、関連する事実が最終的に明確になったことが状況から推察された時に、終了したと見なされます。

送信プロセス中に収集される追加の個人データは、遅くとも通常7日後に削除されます。

6.5 抗議と削除の可能性

ご利用者は個人データの処理への同意をいつでも取り消すことができます。電子メールで弊社に問い合わせた場合、ご利用者は適宜電子メールで個人データの保存に抗議することができます。この場合、やりとりは継続できなくなります。

問い合わせの過程で保存されたすべての個人データは、それを受けて削除されます。

7. 被影響者(「データ主体」)の権利

ご利用者に関する個人データを処理する場合、GDPRではそのご利用者を被影響者または「データ主体」と見なします。ご利用者は、責任当事者である弊社との関係において、以下の権利を持ちます。ご利用者は、プライバシー責任者またはサービスセンターのスタッフに連絡して懸念を示すことで、権利を行使することができます。

7.1 情報に対する権利

個人データの処理により影響を受ける個人は誰でも、適宜自分に関して保存されている個人データに関する情報、およびそうしたデータのコピーを、データ処理の責任当事者から無料で取得する権利を持つものとします。

ご利用者は責任当事者に質問して、自分の個人データが弊社によって処理されているかどうかを確認することができます。

7.2 訂正/修正の権利

個人データの処理により影響を受ける個人は誰でも、適宜自分に関する個人データの誤りを速やかに修正するよう求める権利を持ちます。さらに被影響者は、処理の目的を考慮した補足申告を行うなどして、不完全な個人データの完成を求める権利を持ちます。

7.3 処理を制限する権利

個人データの処理により影響を受ける個人(被影響者または「データ主体」)は誰でも、(GDPR第18条1項に制定されている)法的条件の一つが該当する場合には常に、責任当事者に処理の制限を求める権利を持ちます。

7.4 削除の権利

個人データの処理により影響を受ける個人は誰でも、GDPR第17条1項に宣言されているいずれか一つの理由が該当する場合、責任当事者に自分に関する個人データを速やかに削除するよう求める権利を持ちます。

7.5 データ・ポータビリティの権利

個人データの処理により影響を受ける個人は誰でも、責任当事者から自分に関する個人データを、構造化された共通の機械可読フォーマットで受け取る権利を持つものとします。また、これらの人は、その処理がGDPR第6条1項 (a)、またはGDPR第9条2項 (a)、もしくはGDPR第6条1項 (b)に従った同意に基づいており、且つ、処理が自動化された手順を用いて実行されていることを条件に、個人データを提供された責任当事者に妨害されることなく、このデータを別の責任に転送する権利を持ちます。

7.6 抗議する権利

個人データの処理により影響を受ける個人は誰でも、適宜、その人の特定の状況から生じる理由により、GDPR第6条1項(e)または(f)に従って、自分に関する個人データの処理に抗議する権利を持ちます。これは、これらの条項に基づくプロファイリングにも当てはまります。

抗議を受けた場合、弊社は被影響者の利益、権利、自由に勝る説得力のある法的根拠を立証できない限り、または法的要求を主張、行使、弁護する目的で処理を行う場合を除いて、その個人情報をそれ以上処理しないものとします。

弊社がダイレクトメール用に個人データを処理する場合、被影響者は、適宜こうした広告目的に個人データを処理することに抗議する権利を持ちます。これは、こうしたダイレクトメールに関連する限り、あらゆるプロファイリングに適用されます。被影響者がダイレクトマーケティングを目的とする処理に抗議する場合、個人データがそれ以上その用途のために処理されることはありません。

7.7 データに関する同意宣言を取り消す権利

個人データの処理により影響を受ける個人は誰でも、適宜個人データの処理への同意を撤回する権利を持ちます。

ご利用者には、自分のデータに関する同意宣言を適宜取り消す権利があります。同意の取り消しは、それまでに同意に基づいて実行された処理の適応性には影響を与えません。

7.8 監督当局に訴える権利

ご利用者は、自分に関する個人データの処理がGDPRに違反していると信じる場合、他のいかなる行政救済や司法救済に影響を与えることなく、居住加盟国、または勤務地、もしくは違反が申し立てられている場所において、監督当局に訴える権利を持つものとします。

8. Google アナリティクス(匿名化機能付き)の使用に対するプライバシーポリシー

データ処理の責任当事者は、Googleアナリティクスのコンポーネント(匿名化機能付き)を当ウェブサイトに追加しています。Googleアナリティクスは、ウェブ分析サービスです。ウェブ分析とは、ウェブサイト訪問者の行動に関してデータを収集し分析することを指します。中でも、ウェブ分析サービスは、その人が直前にいたウェブサイト(リンク元)、アクセスしたウェブサイトのサブページ、およびサブページを閲覧した回数と長さに関する情報を収集します。ウェブ分析は、ウェブサイトの最適化、およびインターネット広告の費用対効果分析に使用されます。

Googleアナリティクスのコンポーネントの運営会社は、Google Inc.(1600 Amphitheater Pkwy, Mountain View, CA 94043-1351, USA)です。

責任当事者はGoogleアナリティクスによりサポートされているウェブ分析用に「_gat._anonymizeIp」機能を使用しています。弊社ウェブサイトへのアクセスがEU加盟国、または欧州経済領域(EEA)協定のその他の当事者国からの場合、この機能を使用すると、個人のインターネット接続のIPアドレスがGoogleによって短縮、匿名化されます。

Googleアナリティクスのコンポーネントの目的は弊社ウェブサイトへの訪問者の流れを分析することです。Googleは取得したデータと情報を使用して、弊社ウェブサイトの利用状況を分析し、ウェブサイト上の活動を示すオンラインレポートをまとめ、ウェブサイトの利用に関するその他のサービスを提供します。

Googleアナリティクスは被影響者のコンピューター上のCookieを使用します。Cookieについては本書内ですでに定義しました。GoogleはこのCookieを使用することで、弊社ウェブサイトの利用を分析することができます。責任当事者によって運用されているGoogleアナリティクスのコンポーネント付きのウェブページがフェッチされる度に、被影響者のコンピューターのウェブブラウザは各Googleアナリティクスのコンポーネントから自動でオンライン分析用にGoogleにデータを送信するように求められます。この技術的プロセスの一環として、Googleはその人のIPアドレスなど、個人データを認識します。これにより、Googleは訪問者の元の場所とクリックを追跡し、その結果として手数料を稼ぎます。

Cookieは、被影響者のアクセス時間、アクセスする直前にいた場所、サイト訪問数などの個人情報を保存します。弊社ウェブサイトを訪問する度に、使用中のインターネット接続のIPアドレスを含む、ご利用者の個人情報がアメリカのGoogleに伝送されます。この個人情報はGoogleによってアメリカで保存されます。Googleは、このような技術的プロセスを介して収集した個人データを第三者に伝送する可能性があります。

上記に示したとおり、被影響者は、適宜、自分のウェブブラウザを適切に設定することで、弊社ウェブサイトによるCookieの使用を防ぐことができます。これによりCookieの使用は恒久的に阻止されます。ウェブブラウザのこうした設定により、Googleが被影響者のコンピューターにCookieをセットするのを防ぐことができます。また、GoogleアナリティクスによってすでにセットされているCookieも、適宜、ウェブブラウザや他のソフトウェアプログラムを使って削除することができます。

さらに、被影響者には、本ウェブサイトの用途のために、Googleアナリティクスによるデータ収集と生成、およびGoogleによるこうしたデータの処理に抗議し、阻止する選択肢があります。これを実行するには、https://tools.google.com/dlpage/gaoptoutでアドオンをダウンロードし、ブラウザにインストールする必要があります。このブラウザ・アドオンは、ウェブサイト訪問に関するデータと情報を一切Googleアナリティクスに送信してはならないことを、JavaScriptでGoogleアナリティクスに知らせます。Googleは、ブラウザへのアドオンのインストールを抗議と見なします。被影響者のオペレーティングシステムを再インストールされた場合に、Googleアナリティクスを無効にするには、再びブラウザ・アドオンをインストールしなければなりません。ブラウザ・アドオンが被影響者または支配範囲内の他の人によってアンインストール、または無効化されている場合は、このブラウザ・アドオンを再インストールまたは再有効化することができます。

追加情報とGoogleのプライバシーポリシーは、こちらのサイトをご覧ください:https://www.google.com/intl/en/policies/privacy/http://www.google.com/analytics/terms/en.htmlGoogleアナリティクスの詳細は、こちらのサイトをご覧ください:https://www.google.com/intl/de_de/analytics/

9. Sistrix Toolbox使用のプライバシーポリシー

弊社は、Sistrix社(SISTRIX GmbH, Thomas-Mann-Str. 37, 53111 Bonn, Germany)のウェブ分析ツールも使用しています。これは検索エンジンにおいて弊社ウェブサイトの検索性を向上させるための分析ツールです。このプラグインは、すべてのデータが暗号化される(httpsで)ように設計されています。このプラグインはウェブサイト開発者を支援するために、sistrix.deへの検索クエリを作成し、すべての検索リクエストをアフィリエイトコードと共にsistrix.deに送信します。ただし、弊社が知る限り、開発者は決してリクエストを閲覧できません。Sistrixによるデータの収集と使用に関する詳しい情報は、http://www.sistrix.de/sistrix/datenschutz/をご覧ください。

10. YouTube使用のプライバシーポリシー

責任当事者は、本ウェブサイトにYouTubeコンポーネントを埋め込んでいます。YouTubeは、動画発行者が自由にビデオクリップをアップロードし、他のユーザーがそれを無料で閲覧して、評価し、コメントできるインターネット動画ポータルです。YouTubeでは、映画全編、テレビ放送、ミュージックビデオ、予告編、ユーザーの自作動画など、あらゆる種類の動画を発行することができます。

YouTubeの運営会社は、YouTube, LLC(901 Cherry Ave., San Bruno, CA 94066, USA)です。YouTube, LLCは、Google Inc.(1600 Amphitheater Pkwy, Mountain View, CA 94043-1351, USA)の子会社です。

YouTubeコンポーネント(YouTube動画)を埋め込んだウェブサイトから1ページがフェッチされる度に、データ主体のコンピューター上のウェブブラウザが各YouTubeコンポーネントによって自動的に起動され、そのYouTube動画のアイコンをYouTubeからダウンロードします。YouTubeに関する詳細は、https://www.youtube.com/yt/about/en/をご覧ください。この技術的プロセスの一環として、YouTubeとGoogleは、被影響者が訪問した弊社ウェブサイトの特定のサブページを認識します。

被影響者が同時にYouTubeにもログインしている場合、YouTubeはYouTube動画を含むサブページをフェッチすることで、被影響が弊社ウェブサイトの特定ページを訪問したことを認識します。この情報はYouTubeとGoogleによって収集され、被影響者のYouTubeのアカウントと関連付けられます。

被影響者が弊社ウェブサイトにアクセスする際に同時にYouTubeにログインしている場合、YouTubeとGoogleは、常にYouTubeコンポーネントからその人が弊社ウェブサイトを訪問したという情報を受け取ります。 その人がYouTubeの動画をクリックするか否かにかかわらず、この情報受信は発生します。被影響者がこうしたYouTubeとGoogleへの情報の送信を望まない場合は、弊社ウェブサイトを訪問する前に、YouTubeアカウントをログアウトすることで送信を防ぐことができます。

https://www.google.com/intl/en/policies/privacy/に掲載されているYouTubeのプライバシーポリシーには、YouTubeとGoogleによる個人情報の収集、処理、使用が特定されています。

11. Google AdWords使用のプライバシーポリシー

責任当事者は、本ウェブサイトにGoogle AdWordsを組み込んでいます。Google AdWordsは、広告主がGoogleおよびGoogle Network検索エンジンの結果を表示できるインターネット広告サービスです。Google AdWordsによって、広告主はキーワードを指定し、Googleの検索エンジンがキーワードに関連する検索結果を読み出した時にのみ、検索結果上に広告を表示することができます。Google Networkでは、事前定義されたキーワードに従い、自動アルゴリズムを使用して、テーマに関連するウェブページに広告を配信します。

Google AdWordsのサービスの運営会社は、Google Inc.(1600 Amphitheater Pkwy, Mountain View, CA 94043-1351, USA)です。

Google AdWordsを使用する目的は、関心に基づいた広告を第三者のウェブサイトに表示することで、弊社ウェブサイトを宣伝するため、また、こうした広告をGoogle検索エンジンの結果に表示するため、さらに、弊社ウェブサイトに広告を表示するためです。

被影響者がGoogleの広告から弊社ウェブサイトに来ると、Googleは「コンバージョンCookie」をGoogleのITシステムに保存します。Cookieについては本書内ですでに定義しました。コンバージョンCookieは30日後に期限切れとなり、被影響者の特定に使用されなくなります。コンバージョンCookieは(まだ期限切れになっていなければ)ネットショップのショッピングカートなど、弊社ウェブサイトの特定のサブページにアクセスしたかどうかを追跡するのに使用されます。コンバージョンCookieは、弊社とGoogleに、AdWords広告経由で弊社ウェブサイトに来た被影響者が収入を発生させたか(つまり、購入を完了させたか、キャンセルしたか)を教えてくれます。

コンバージョンCookieを使って収集されたデータと情報は、Googleが弊社ウェブサイトへの訪問者統計を提供するために使用します。これらの訪問者統計は、その後、弊社が使用し、AdWords広告から来たご利用者の合計数を把握し、各AdWords広告の成否を判断し、今後のAdWords広告の最適化に役立てます。弊社も、Google AdWordsの他の広告主も、Googleから被影響者を特定できる情報を受け取りません。

コンバージョンCookieは、被影響者が訪問したウェブページなどの個人情報を保存します。弊社のウェブサイトを訪問する度に、被影響者のインターネット接続のIPアドレスなど、個人情報がアメリカのGoogleに伝送されます。この個人情報はGoogleによってアメリカで保存されます。Googleは、このような技術的プロセスを介して収集した個人データを第三者に伝送する可能性があります。

上記に示したとおり、被影響者は、適宜、自分のウェブブラウザを適切に設定することで、弊社ウェブサイトによるCookieの使用を防ぐことができます。これによりCookieの使用は恒久的に阻止されます。このようにウェブブラウザを設定することで、Googleが被影響者のコンピューターにCookieをセットするのを防ぐことができます。さらに、Google AdWordsによってすでにセットされているCookieは、適宜、ウェブブラウザまたは他のソフトウェアプログラムを使って削除することができます。

また被影響者には、Googleの利益に基づく広告に抗議する機会もあります。これを行うには、被影響者が使用する各ウェブブラウザからwww.google.com/settings/adsにアクセスし、そこで希望の設定を行う必要があります。

追加情報とGoogleのプライバシーポリシーは、こちらのサイトをご覧ください:https://www.google.com/intl/en/policies/privacy/

12. オンライン求人応募のプライバシーポリシー

12.1 求人応募情報

求人応募プロセスの一環として、弊社は様々な種類のデータを収集します。これには、求職者の連絡先、学歴、職歴、技能に関する情報が含まれます。求職者には、履歴書、証明書、カバーレターなどの文書を電子的に保存して、弊社に送信する選択肢が与えられています。

弊社は、ドイツの一般平等待遇法(German General Equal Treatment Act )に準拠して、求職者に使用しない情報(人種、種族的出身、性別、宗教または信念、障害、年齢、性同一性)を求めません。また弊社は、求職者に病気、妊娠、所属的出身、政治的信念、哲学的、宗教的信念、労働組合への所属、肉体的または精神的健康、性生活に関する情報を提供するよう求めません。第三者の権利(例えば、著作権、出版権、または第三者の一般的権利)を侵害し得るコンテンツも同様です。

12.2 求職者のデータの収集、処理、使用、開示

応募の過程では、応募に関する目的、および応募の処理に必要な目的に限って、個人データを収集、保存、処理、使用します。

求職者が合格した場合、提供されたデータは雇用に関連して、管理上の理由で使用される可能性があります。

オンラインでの応募は、担当者のみによって処理、閲覧されます。こうしたデータ処理を担当するすべての従業員は、データの守秘義務の順守を義務付けられています。第三者は求職者のデータにアクセスしません。求職者のデータはドイツ国内だけで処理されます。

12.3 保存期間

弊社が求職者を雇用できない場合、提出されたデータは、応募と不採用に関する質問に回答するために、最大6ヵ月間保管されます。

ただし、求職者の書類が有望でもその時に適切なポストが開いていない場合、弊社が将来の募集時にその求職者を検討して連絡できるようにするため、求職者は本書を以て、弊社が最大24ヵ月間データを保存することに同意するものとします。