メール 要請

企業理念 + ガイドライン

企業理念

DewertOkin GmbHはグローバル企業です。弊社の事業の主な焦点は、モーター付きシステムの開発、製造、販売です。弊社の方針は、以下の原則に基づいています。経営陣は、適切な手本を示すだけでなく、会社の方針を決定し導入する責任を負います。全従業員は導入プロセスに対する連帯責任を負い、積極的に参加します。経営陣は、インフラストラクチャーや適切な訓練だけでなく、全従業員の任務遂行を支援するモチベーションと手段を提供します。現実的でやりがいのある包括的な企業目標を設定することは、経営陣の中心的任務です。会社方針に定められている目標は、定期的に測定可能で正確に定義された目標に体系化し、従業員に伝えます。共に目標を達成することは、共通の達成感を生みます。経営陣は積極的な参加とチームワークを促進します。特に、開発、設計、計画のプロセスに関しては、部署横断的チームで取り組むことが非常に有効です。経営陣は、会社の存続と長期的な成功を確実にするために、生態学的、経済的、人的側面を十分に考慮して革新的で高品質の製品を開発することを、目標として掲げています。代表取締役社長Josef G. Groß博士  


企業ガイドライン

企業文化

弊社にとって企業文化とは、「言動を一致させること」を意味します。すなわち、同僚に対して公正、献身、敬意を示し、オープンで率直な対話を促進することです。これは、心を通わせ、会社の成功を保証するための基盤です。全従業員はそれぞれ自分の決定に責任を持ち、他の社員がその見返りとして、責任をもって対応することを期待し、その過程で会社全体の利益のために行動します。顧客/サプライヤー主義は、全従業員の協力を特徴づけるものであり、その結果として顧客だけでなくサプライヤーの役割も果たします。各従業員は、効率性を高め、最大限の利益を得られるように行動し、同時に原材料とエネルギーをしかるべき配慮の下で経済的に利用します。経営陣は、企業文化の主要点に従って、全従業員の満足の推進と確保に対する全面的な責任を負います。

全従業員

全従業員の能力、献身、誠実さは、会社の成功の礎石です。弊社は、基礎訓練を提供し、専門的能力の開発を奨励し、仕事場の安全を確保し、公正な成績に基づく報酬を提供することで、従業員の能率と業績の向上を支援します。

人権

弊社は、国際的に宣言された人権を支持し尊重し、当社の影響の及ぶ範囲内での国際人権宣言の順守を促進します。また、いかなる形の児童労働および強制労働にも厳格に反対します。弊社は、ビジネスパートナーもこれらの倫理原則を厳格に順守することを求めています。

無差別

弊社は、すべての従業員が各個人の尊厳、プライバシー、人権を尊重することを求めています。弊社は、差別、性的嫌がらせやその他の個人的な嫌がらせ、または名誉毀損を容認しません。同様に、抑圧、暴力、または脅威も容認しません。