Phoenix Mecanoは、BEWATEC Kommunikationstechnik GmbHを買収することで、機械部品部門を強化します。今回の買収により、

Phoenix Mecanoは、BEWATEC Kommunikationstechnik GmbHを買収することで、機械部品部門を強化します。今回の買収により、DewertOkinの医療アプリケーション機能が強化されます。

シュタインアムライン/クローテン、2020年9月25日。Phoenix Mecano Groupは、ドイツのテルクテに拠点を置いているBEWATEC Kommunikationstechnik GmbHの全株式を取得する予定です。規制当局の承認を必要とするこの取引は、2020年の第4四半期に完了すると予想されています。今回の買収により、Phoenix Mecanoはデジタル病院インフラストラクチャを利用できるようになり、ソフトウェア開発の専門知識を広げることができます。BEWATECグループは、Phoenix MecanoのDewertOkin事業部門に統合されて、医療用途向けのソフトウェアおよびアプリを開発する能力センターを形成する予定です。

両当事者は、買収価格を発表しないことに合意しました。

世界中の多くの病院(30万つ以上のベッド)では、ドイツ市場で指導的地位を占めているBEWATECのシステムを導入しました。1995年に設立されたこのグループは、病院および診療所向けの通信ソリューションを提供しており、2019年には140人の従業員で約1300万ユーロの売上高を記録しました。もともと病室で利用されるマルチメディアデバイスを製造していたBEWATECは、デバイスに依存しないソフトウェアソリューションConnectedCareを開発した後、病院環境のデジタル変革を推進する原動力となりました。

BEWATECの創設者兼CEOであるPhilipp Schmelterは、次のように述べています。「今回の買収は両方の企業を強化します。DewertOkinは、デジタルソリューション提供会社である弊社が持っている経験と専門知識だけでなく、医療分野市場で弊社が占めている占有率からも利益を得ます。一方、BEWATECは、世界中に広がっているDewertOkinの国際的な販売網を活用して、企業の国際化を支援することができます。」

ConnectedCareは、エンターテインメントアプリケーション、デジタルサービス、および入院期間中に患者に提供される幅広い病院サービスを組み合わせたオープンプラットフォームです。このソフトウェアは、入院前、入院中、入院後に患者に付加価値のあるデジタルサービスを提供します。同時に、病院のITシステムに直接接続されているため、病院内の行政プロセスを簡素化します。ConnectedCareをDewertOkinのセンサー技術と一緒に使用すると、介護に対するデジタル-サポートと患者監視に新しい可能性が開かれます。

Phoenix MecanoのCEOであるRochus Koblerは、次のように述べています。「Phoenix Mecanoは、純粋な工業部品メーカーからシステムソリューションの提供会社へと発展しています。これらのシステムがますますデジタル化、分散化、統合化されるにつれて、ソフトウェアの重要性が高まっています。弊社は、今回の買収を通じて、ハードウェアとソフトウェアを組み合わせて、健康管理と快適な家具に利用できるスマートなデジタルアプリケーションを開発するための基盤を築いています。弊社は、人口構成の変化とそれに伴う在宅介護ソリューションに対する需要を、この分野の長期的な成長を推進する原動力と考えています。」

Phoenix Mecanoについて

エンクロージャーおよび工業部品分野のグローバル企業であるPhoenix Mecano Groupは、多くの市場のリーダーとしての地位を確保しています。スイスのシュタインアムラインに本社を置いているこのグループは、世界中で約7千人の従業員を雇用しています。2019年の売上高は68千万ユーロでした。機械工学、測定および制御技術、医療技術、航空宇宙技術、代替エネルギー、在宅ケアおよび病院看護分野の顧客向けに隙間商品を費用効果の高い方法で専門的に製造しています。1975年に設立されたPhoenix Mecanoは、1988年からスイス証券取引所に上場しています。

BEWATECについて

1995年に設立されたBEWATECは、病院および診療所向けの通信ソリューションを製造する世界有数の企業です。2019年に、BEWATECは、140人の従業員で約1300万ユーロの売上高を記録しました。BEWATECは、患者用ベッドで使用できる特殊なタブレットを開発および製造することで有名になりました。現在、ドイツの病院用ベッドの約60%にBEWATECのシステムが装備されています。BEWATECが最近発売したConnectedCareソフトウェアは、患者、病院、医師を接続して、データと情報を単一のプラットフォームで共有できるようにします。このソフトウェアは現在、多くの病院と診療所(6万つ以上のベッド)で使用されています。

 

 

 

 

 

VR-Event
OKIN VRイベントのご案内

そのため、VRイベント「バーチャルOKIN見本市」にご招待いたします! 弊社のデジタルイベントは2021年1月20日~23日に開催されます。

Find out more