メール 要請 Newsletter

DewertOkin電気部品の環境に優しい無料廃棄

DewertOkin GmbHのオフィス、寝具、座席製品は、欧州のWEEE指令に従って分類および登録されています。したがって、顧客はドイツの都市収集場所にDewertOkinの電気部品を無料で持ち込むことができます。電気・電子廃棄物が増えている今日、当社は環境保全に積極的に貢献しています。当社の公式登録番号(WEEE-登録番号)DE 81994808

WEEE指令とElektroGとは何ですか?

EU指令「廃電気電子機器」(WEEE)は、電気・電子機器の廃棄を回避したり、再生利用や再利用によって電気・電子機器の廃棄を減らすことを目的としています。この点で、WEEEは廃電子機器処理の最低基準を定めています。電気電子機器法(ElektroG)は、この指令をドイツで実施しています。その結果、廃電子機器は生態学的に再生利用されます。このような方法で、製品責任は機器の全ライフサイクルまで拡大されました。2018年8月15日に施行されるElektroGの改正により、DewertOkinの製品に含まれている電気部品へ法の適用範囲が拡大されます。

環境への共同貢献

今日、新しい技術機器の開発は急速に発展しています。スマートフォン、ノートパソコン、またはテレビだけでなく、さまざまな種類の電気・電子部品の開発も急速に発展しています。したがって、電子スクラップの量も同じ速度で増加しています。ドイツでは、すべての市民が約15キログラムの電子スクラップを作り出しますが、再利用されません。長期的に見れば、これは環境と気候に負担を与えます。

アルミニウム、金、銅のような貴重な原料物質を含んでいる電気器具は、水銀のような健康と環境に有害な物質も含んでいる場合が多いです。したがって、機器を収集して利用する際には、分離しなければなりません。WEEE指令は、廃電子機器を単に収集および再生利用場所に持ち込むだけで、かなり簡単に分離できるようにします。これは、健康と環境を保護します。さらに、この指令では、地域全体での利用を促すための特定の収集、再生利用、および利用割当量を決めています。

新しいElektroGはどのような種類の装置に影響を与えますか?

収集および再生利用場所では、電気・電子機器を6つの収集グループに分類して、再生利用の準備中に異なる種類の機器を簡単に収集できるようにします。

  1. 「大型屋内電気器具、自動出力装置」
  2. 「冷却ユニット、油入りラジエータ」
  3. 「画面、モニター、テレビ機材」
  4. 「ランプ」(ライニングが必要、インレー、蛍光管箱など)
  5. 「小型屋内電気器具、情報通信機器、娯楽用電子機器、ランプおよびその他の照明器具と光拡散および光制御装置、電動工具と電子工具、玩具、スポーツ用品とレクリエーション装置、医療用品、監視機構」
  6. 「太陽光電池モジュール」

再生利用過程の終わりに、再生利用のために収集された原料物質(金属やプラスチックなど)は、新製品の製造またはエネルギー回収に使用することができます。

WEEE登録の実用的な利点の概要

  • 収集および再生利用場所に無料で簡単に持ち込むことができます
  • 「再生利用施設の検索」に時間がかかりません
  • 原料物質の確実な利用
  • 電子スクラップの再生利用割当量の増加
  • 気候保護への積極的な貢献