メール 要請 Newsletter

日本の人口1千人当たり病院用ベッド数は世界一です

13.05.2020

世界で人口1千人当たり病院用ベッド数が最も多い国は日本(約13)であり、韓国(約12)がそれに続いています。ドイツは、人口1千人当たり病院用ベッド数が約7です。病院用ベッドの絶対数では、人口の多い中国(合計603万2947)が世界一です。しかし、人口1千人当たり病院用ベッド数では、中国(約5)は最下位であります。

営業担当者

Tino Leipholz
Leipholz@dewert.de

これらの統計データは、世界市場の成長可能性がどの程度かを具体的に示しています。日本の人口1千人当たり病院用ベッド数に到達するには、世界中で数百万のベッドが必要です。人口1千人当たり病院用ベッド数が比較的少ない中国とインドは、人口が多いため、病院用ベッドの販売可能量が非常に大きいです。しかし、2020年現在の健康危機を考慮すると、英国、イタリア、スペイン、米国などの西洋諸国でも、販売可能量が大きいです。現代的な病院用ベッドへの大規模な投資は、国民保健制度を強化し、患者治療を改善します。

しかし、病院用ベッドは十分な機能を備えている必要があります。一方では、病院用ベッドは治療時に患者や看護職員のニーズを満たす必要があります。他方では、利用者は高度な機能と使いやすさを期待しています。これらの期待は、MEGAMAT 12などのインテリジェントドライブおよびシステム技術を使用して満たすことができます。ベッドを迅速かつ静かに調整できるようにするこのドライブは、洗浄トンネルで使用できるため、かなりの時間を節約するのに役立ちます。追加のコンポーネントにより、使いやすさが向上します。IPROXX 2Nocturneなどの人間工学に基づいた頑丈なハンドセットは、患者や看護職員が病院用ベッドを簡単に操作できるようにします。