メール 要請 Newsletter

集中治療用ベッドの数:国際比較によれば、各国間に有意差があります

24.04.2020

国際比較によれば、米国とドイツは、人口1人当たり集中治療用ベッド数が最も多いです。人口10万人当たり集中治療用ベッド数は、米国は34未満、ドイツは約28です。イタリア(13)、フランス(12)、韓国(11)が、これら2つの国に続いています。

営業担当者

Tino Leipholz
Leipholz@dewert.de

最下位の国々を見ると、集中治療用ベッド部門は成長可能性と販売可能量が大きいことが分かります。日本(人口10万人当たり集中治療用ベッド数が6)、中国(4)、インド(3)など、人口の多い国々では、集中治療用ベッドが比較的少ないです。これらの国々が米国やドイツと同様に高いレベルに到達するには、何万もの集中治療用ベッドを購入する必要があります。このような投資は、より多くの患者に集中治療を提供できるように病院の能力を高めます。また、現代的な完全装備の集中治療用ベッドを購入する機会を広げ、患者のニーズに合った治療を提供できるようにします。

今日の集中治療用ベッドは、特別な要件を満たし、追加の機能を備えている必要があります。そのため、現代的な集中治療用ベッドは、ベッドを迅速かつ静かに調整できるようにする洗浄可能なMEGAMAT 12シングルドライブを含むいくつかのコンポーネントを備えた複雑なシステムであることが多いです。DC20のような高負荷用リフティング支柱は、幅広いベッドを調整できるようにし、荷重が中心から外れて掛けられているベッドに優れた信頼性をもたらします。MCL IIタイプのスマートな制御装置を使用すると、最大4台のドライブ、充電式バッテリー、Nocturneなどの直感的なハンドセット、外部照明、その他の周辺機器をすべて接続できます。