調節可能なベッドにより、毎日の病院生活が簡素化されています

26.10.2020

ヨーロッパ全土では、医療部門のデジタル化が徐々に、しかし着実に推進されています。新しい技術を導入し、作業過程全体も変更して容易にすることで、実業界を根本的に変化させています。人口の高齢化と医療業界に従事する従業員の期待の変化を考慮すると、病院や老人ホームでの作業過程を容易にすることが急務となっています。

営業担当者

Tino Leipholz
Leipholz@dewert.de

ドイツの病院の一般病棟内で働く各職業の従業員を対象としたオンライン調査では、一部の病院でのみ技術サポートが提供されており、まだすべての病院で提供されているのではないことが明らかになりました。調査対象者の66%は、職場にサポート機能を備えた患者用ベッドがあると答えました。このようなベッドは、介護者と患者が起き上がり、身を起こして座り、横になるのをサポートします。しかし、従業員の3分の1はこのような有用な機能を利用できません。従業員の31%のみが使用している電子カルテの利用率は非常に低い(2番目に低い)です。病院用ベッドの4分の1のみが、ベッドの持ち上げと移動を支援する機能を備えています。

 

ドイツの病院の従業員は、デジタル技術を有用な手段であると思っています。従業員の61%は、デジタル技術によって仕事が容易になると思っています。調査対象者の45%は、デジタル技術によって仕事の効率が向上すると言いました。従業員の44%は、デジタル技術によって作業過程で貴重な時間を節約できるという意見に同意しています。

 

ベッドは患者の日常生活において非常に中心的な役割を果たしています。睡眠、食事、テレビの視聴、会話など、多くのことが患者用ベッドで行われます。電気的に調節可能なベッドは、患者の健康と移動を理想的に向上させ、介護者の仕事をサポートします。しかし、適切で強力なドライブ技術がなければ、最高の快適性と利便性を実現できません。MEGAMAT 12シングルドライブは、患者用ベッドを迅速かつ静かに調整できるようにします。このドライブは、病院用ベッドの洗浄に使用される洗浄トンネルと互換性を持つように特別に設計されています。これにより、多くの時間を節約し、非常に忙しい病院の日常業務で作業過程が簡素化されます。追加のコンポーネントにより、快適性がさらに向上します。患者と看護スタッフは、人間工学に基づいた頑丈なハンドセット(IPROXX 2Nocturneなど)を利用して、このドライバが設置されたベッドを快適かつ簡単に操作できます。

VR-Event
OKIN VRイベントのご案内

そのため、VRイベント「バーチャルOKIN見本市」にご招待いたします! 弊社のデジタルイベントは2021年1月20日~23日に開催されます。

Find out more